お役立ち情報(生命保険)



お客さまに寄り添い、いつでも相談できる身近なパートナーであり続けたいという想いから、春号として
お客さまに役立つ情報をお届けいたします。是非ご一読いただけますと幸いです。







    4月からはじまる・変わる制度

2021年度もスタートしました。4月からはじまった私たちの生活に影響を与えるような新制度がいくつかありますので、簡単にご紹介したいと思います。非常に身近な変更点ですと・・・店舗で販売している商品や飲食店のメニューに表示されている価格の「消費税の総額表示(税込表示)」が義務化されました。今まで税抜表示もよく見られましたので、支払い時に戸惑うことがなくなるなどメリットもあるようです。また、大手銀行のコンビニATMの手数料や、大手電力・ガス料金の値上げがされたなか、自動車を購入すると必ず加入しなければならない強制保険である「自賠責保険」は、4月から適用される保険料が平均6.7%ダウンで、引き下げは2年連続となりました。


 節約のために・・・まずは固定費の点検を!

いまだ収束のめどが立たない新型コロナウイルス感染拡大のなか、私どものお客さまからも「残業代が減って生活が大変…」「収入が増えないから少しでも節約しないと・・・」という意見が多く聞かれます。よくTV番組やYouTubeなどで、「食費を削って・・・」「旦那さんのお小遣いを減らし・・」など、いろいろな節約手法が紹介されていますが・・・節約をし、家計を改善するためのポイントは「無理なくつづけられること」、そして「効果が大きいこと」の2つです。食費を削る・・・たしかに、しばらくは我慢できるかもしれませんが、ある瞬間、我慢の限界に達し、大きな出費(暴飲暴食)につながってしまう・・・そういう経験って、皆さんにもありますよね。
FP(ファイナンシャルプランナー)の世界では大きな節約効果が期待できることとして、まずは「住宅ローン」と「生命保険」の二大固定費の見直しをお勧めしています。


    証券分析サービス始めました

こういう話をすると、多くのお客さまから「生命保険の見直し」って・・・実際にはどうすればいいの?というご質問等を多くいただきます。そこで、私ども損保ジャパンパートナーズでは、当社の行動指針(「お客さまへの誓い」)の一つである「お客さまの〈暮らし〉に寄り添う」をコンセプトに、お客さまがご加入されている保険証券を分かりやすく整理する「証券分析サービス」をスタートしました。 当社でご加入された生命保険はもちろん、ほかの保険会社などでご加入された生命保険についても、<保障内容がお客さまのライフプラン(人生設計)と合っているか?>点検させていただきます。費用は一切かかりませんので、「節約への第一歩」として、まずは現状確認から始めてみてはいかがでしょうか?ぜひお気軽に担当者までお声かけいただければと思います。





バックナンバー

         Vol.2(Summer,2020)
         Vol.3(Autumn,2020)
         Vol.4(Winter,2020)



保険のことなら、お気軽に当社までお問い合わせください!

損保ジャパンパートナーズでは、保険商品や社会制度に精通した
保険のプロフェッショナルがご相談にお応えします。

店舗一覧
担当者がお客さまの元へお伺いします。お近くの支店にお声掛けください。
パンフレット請求
各種保険商品のご希望のパンフレットをご請求ください。