健康経営の取組み


損保ジャパンパートナーズの健康宣言

当社は『お客さまへの誓い』の実践により、組織一体となってお客さまと向き合うとともに、『大切にする価値観』に基づき、「人財」を大切にし、その働きがいと成長を支援し続けることで、お客さまにご提供するサービス品質を高めるとともに社会に貢献することを目指します。
これらの実現に向け、社員一人ひとりのパフォーマンス・生産性の向上、人財の確保・育成、働きがいの向上を目的として健康経営の取組みを推進し、人財力の最大化を図ります。更には、これらの取組みを通じ、社員一人ひとりの健康を増進し、いきいきと働けるよう支援します。



※SOMPOグループの取組みについては、SOMPOホールディングスのホームページに掲載しています。 ▶健康経営の取組み(SOMPOホールディングスホームページ)

健康経営推進体制

健康経営推進体制

経営課題と健康経営の取組み

健康宣言で掲げる社員一人ひとりのパフォーマンス・生産性の向上、人財の確保・育成、働きがいの向上は、当社の「中期経営計画」や、「働き方改革」の推進において、重要な経営課題として位置付けています。 健康経営の取組みから経営課題の解決までの一連の流れを「健康経営戦略マップ」で可視化し、PDCAサイクルを回すことで、成果を伴う健康経営の実現を目指します。

また、パフォーマンス向上の指標として、心身の健康状態による生産性低下がもたらす損失を示す「プレゼンティーイズム」の低減に向け、社員の健康保持・増進策に取り組み、パフォーマンス総合評価の向上を図ります。


主な取組み内容と推進策

経営課題と健康経営の取組み


数値実績

(1)健康課題の改善に関する数値実績
健康推進策の実施状況などを経年変化の数値をもとに検証し、目標値や推進策の見直し・実施により実効性の向上を図っています。

健康推進策の実施状況
項目 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
健康診断受診率 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
特定保健指導終了率(※1) 97.2% 100.0% 95.5% 96.3%
精密検査受診率 66.2% 57.6% 58.3% 59.0%
ストレスチェック受検率 97.7% 97.7% 98.4% 99.0%
ハラスメント教育・確認テスト受検率 - - 99.6% 100.0%
労働時間(年間法定外残業200時間以下達成率) 92.8% 93.3% 94.3% 96.4%
有給休暇平均取得日数 13.3日 14.1日 17.5日 18日

健康課題の経年変化
項目 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ストレスチェック総合健康リスク(※2) 89 91 95 92
喫煙率 - 28.1% 26.4% 24.4%
歩行習慣率(※3) - 28.5% 30.0% 32.7%
非肥満率(※4) - 63.5% 61.5% 64.2%
傷病に伴う欠勤・休職平均日数(※5) - 0.6日 0.6日 0.4日

(2)経営課題に与える健康経営の効果
健康推進策の取組みにより、社員一人ひとりのパフォーマンスを高め、「生産性向上」「人財力向上」を図っています。
項目 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
パフォーマンス総合評価(WLQ)(※6) - 94.3% 93.8% 94.4%
従業員満足度(※7) - 3.86 3.86 3.93

※1 特定保健指導終了率は、初回面談の属する年度をベースに集計しており、2020年度は上期までの集計結果です。
※2 総合健康リスクとは、ストレスによる健康リスクを数値化した指標で、全国平均を100として数値が高いほど健康リスクが高まります。
※3 歩行習慣率とは、日常生活において歩行又は身体運動を1日1時間以上実施している割合をいいます。
※4 非肥満率とは、BMI25未満、腹囲男性85cm未満、女性90cm未満の割合をいいます。
※5 傷病に伴う欠勤・休職平均日数は、全従業員の欠勤・休職延べ日数÷ 全従業員数で算出しています。
※6 パフォーマンス総合評価とは、最大値を100として、健康問題による業務生産性低下率を測定する指標です。
※7 従業員満足度は、5段階評価で測定しています。


健康経営優良法人2021大規模法人部門 (ホワイト500)


当社は経済産業省および日本健康会議が運営する「健康経営優良法人2021大規模法人部門 (ホワイト500)」の認定を受けています。
  ホワイト500

健康企業宣言


当社は健康保険組合連合会 東京連合会が運営する「健康優良企業認定制度」において、金の認定を受けています。
  健康優良企業